鍼灸師の仕事の内容

鍼灸師は、国家資格を持ち、鍼と灸を使って体調不良のかたの不調を治す仕事です。はり師ときゅう師の国家資格を2つ持っています。

鍼灸師の資格を取得できるおすすめの学校

鍼灸師だけでなくあん摩マッサージ指圧師の資格も取れる

鍼灸師の国家資格だけでなく、あん摩マッサージ指圧師の資格も取れる養成学校があります。

大学で鍼灸師になれる

鍼灸大学は、3年間の在学期間ですが、大学卒業の学歴も得ることができます。

専門学校で専門的に学ぶことができる


専門学校で鍼灸の基礎や臨床などから専門分野を学ぶことができます。

夜学部を利用して鍼灸師を目指す


社会人で鍼灸師を目指すときには夜学部を利用して学ぶことができます。

ダブルスクールで国家資格を一度に4つ取得できる

日中と夜間のダブルスクールをすることで、3年間ではり師、きゅう師だけでなく、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師の4つの国家資格を取得することも可能です。

大学と専門の違い

鍼治療

鍼灸師になるには短くても3年かかると言われています。専門学校や大学の養成課程を修めた上で国家試験に合格しなくてはならないからです。試験は鍼師と灸師をそれぞれ受けることになりますが、同時に受けることによって一部科目は免除されるメリットもあります。また、多くの方は大学と専門学校のどちらに行くべきか悩むかもしれませんが、広く一般教養も学びつつ大学卒業という肩書きを得ることで将来に備えるなら大学、より専門知識や技術を深く学び即戦力の力を身に付けるなら専門学校が良いでしょう。

かかる費用と将来性

医者と看護師

鍼灸師になるための費用としては、まず行く学校のタイプによって異なってきます。当然のことながら4年制の大学の方が費用がかかることになりますが、その差はだいたい100万円から200万円程度です。また、鍼灸師になるには3年制か4年制の養成学校を卒業していなくてはならないので、専門学校と言えども3年間は通わなくてはなりません。鍼灸師になるには学校へ行くことでそれなりのお金がかかりますが、国家試験の合格率は非常に高いです。実践的なことを学ぶので知識や技能といったスキルが身につきやすいのかもしれませんが、目的がハッキリしている分、学ぶことに集中しやすいのかもしれません。針灸は美容やスポーツなど様々な分野で幅広く普及してきていますし、世界的にも注目を浴びているので将来性もあるのではないでしょうか。

広告募集中